サーチコンソール「カバレッジの問題」とは?メール受信後の対処方法を解説

こんにちは、SEO分析ツール「アナトミー」開発チームの江頭です。

Googleサーチコンソールから突然「カバレッジの問題が新たに検出されました」というメールを受け取ることがあります。

このメールを受け取ったら、何をすればよいのでしょうか?

この記事では、発生する頻度の高い「カバレッジの問題」の原因と対処方法を紹介します。

カバレッジの問題とは

Googleサーチコンソールは、サイトのページがどの程度インデックス登録されているかを示す「カバレッジ」を定期的にチェックしています。

カバレッジが減少するような変化や問題が見つかったとき、「カバレッジの問題」メールが送信されます。

「カバレッジの問題」メールを受信するには?

「カバレッジの問題」メールを受け取るのは、Googleサーチコンソールで、該当プロパティに登録されているユーザーです。

メールの受信ユーザーを追加するには、以下の手順で行います。

  1. サーチコンソールでプロパティを選択します。
  2. [設定]メニューをクリックします。
  3. [ユーザーと権限]をクリックします。
  4. [ユーザーを追加]ボタンをクリックします。
  5. メールアドレスを入力し、権限を選択して「追加」ボタンをクリックします。

ただし、ユーザーの権限が「制限付きユーザー」のときは、一部のメールが受信できません。すべての通知メールを受け取るには、権限を「フルユーザー」もしくは「オーナー」に変更します。

よくある「カバレッジの問題」への対応

報告される「カバレッジの問題」ごとに、対処方法をまとめます。

送信されたURLにnoindexタグが追加されています

このエラーは、サイトマップファイルで指定されたURLの中に、noindexタグが指定されたページが見つかったという通知です。

通常、サイトマップファイル(sitemap.xml)にはGoogleへインデックス登録したいURLを列挙します。そのURLの中に、インデックス登録を拒否するnoindexタグが指定されたページがあるのを検知したので、Googleが親切に教えてくれているのです。

そのため、指定されたnoindexが意図されたものかどうかによって、その後の対応を決めるようにします。

  • noindexタグの指定に誤りはない:サイトマップから該当URLを削除(もしくは現状維持)
  • noindexタグが誤って指定されていた:該当ページからnoindexタグを削除

具体的には次の手順で進めます。

検知されたURLを調べる

メールにある「カバレッジの問題を解決する」ボタンをクリックします。

すると、画面下にGoogleがnoindexを検知したページがリストアップされます。

「送信したURLにnoindexタグが追加されています」エラー

このURLにnoindexタグを指定されているのが正しいのであれば、サイトマップから該当URLを削除する手順に移ります。

一方、誤ってnoindexタグを指定していた場合は、該当ページからnoindexタグを削除する手順に移ります。

サイトマップからインデックス対象外のURLを削除する

XMLサイトマップ(sitemap.xml)から特定のURLを除去する方法は、サイトマップをどのように作成しているかによって変わります。

例として、WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」を使っている場合の手順を紹介します。

Google XML Sitemapsは、標準設定ではWordPressの投稿・固定ページすべてをXMLサイトマップに出力します。特定の投稿や固定ページをサイトマップに出力しないようにするには、除外設定を行います。

具体的には、[設定]-[XML-Sitemap]で設定画面を開き、Excluded Items内の「投稿(個別記事)を含めない」に除外したい投稿・固定ページの記事IDを指定します。

Google XML Sitemapsプラグインで特定の記事を除外する

設定変更が終われば、サーチコンソールで[修正を検証]ボタンをクリックします。

数日後、問題が解決されたというメールが届けば完了です。

ページのnoindex指定を外す

noindex robotsメタタグを誤って指定していた場合は、noindexタグを削除します。

HTMLファイルを直接編集するときは、以下の記述を削除し、HTMLファイルをサーバーにアップロードします。

<meta name="robots" content="noindex">

WordPressでAll In One SEOプラグインを使っているときは、該当ページの画面下部にあるロボット設定で「インデックスなし」のチェックを外します。

All In One SEOプラグインで、投稿のnoindexを外す

設定変更が終われば、サーチコンソールで[修正を検証]ボタンをクリックします。

数日たって、「カバレッジの問題が修正されました」というメールが届けば対応完了です。

送信されたURLが見つかりませんでした(404)

サイトマップファイルで指定されたURLの中に、404エラーを返すページが見つかったという通知です。

誤ってHTMLファイルを削除してしまったのであれば、以下の手順で対応します。

  1. HTMLファイルを復旧します。
  2. ファイルを復旧した後、メールの「カバレッジの問題を解決する」をクリックします。
  3. [修正を検証]ボタンをクリックします。

URLが変更されたのであれば、旧URLから新URLへの301リダイレクトを設定します。そのあと、同様の手順で[修正を検証]ボタンをクリックします。

数日たって、「カバレッジの問題が修正されました」というメールが届けば対応完了です。

ページを削除したことが正しいのであれば、実害がないのでこの通知は無視しても構いませんが、通知が気になるときはサイトマップから該当URLを削除してください。

送信されたURLがrobots.txtによってブロックされました

サイトマップファイルで指定されたURLの中に、robots.txtによってGoogleクローラーの巡回が拒否されたという通知です。

サイトマップのURLが正しく、robots.txtファイルが誤っていたのであれば、以下の手順で対応します。

  1. robots.txtで対象URLが拒否されないようDisallowルールを修正します。
  2. メールの「カバレッジの問題を解決する」をクリックします。
  3. [修正を検証]ボタンをクリックします。

数日たって、「カバレッジの問題が修正されました」というメールが届けば対応完了です。

robots.txtは正しく、サイトマップ内で指定したURLに誤りがあったときは、実害がないのでこの通知は無視して構いません。通知が気になるときはサイトマップから該当URLを削除してください。

送信されたURLはソフト404エラーのようです

サイトマップファイルで指定されたURLの中に、コンテンツがほとんどないページが見つかったという通知です。このURLはGoogleにインデックス登録されない可能性があります。

正常なページなのにソフト404エラーと判定されるときは、ページの読み込み速度が非常に遅いと考えられます。ページの速度改善を行ってみてください。

送信されたURLが403を戻しました

サイトマップファイルで指定されたURLの中に、403エラー(アクセス拒否)を返すページが見つかったという通知です。ログインが必要なページや、IP制限をかけているページをサイトマップファイルで指定すると発生します。

サイトマップファイルに誤りがあれば、該当のURLを削除するように修正します。

robots.txtによりブロックされましたが、インデックスに登録しました

robots.txtで拒否したエリア内のコンテンツが、インデックス登録されたという通知です。

Googleはそのページへのリンク(被リンク)を発見したとき、robots.txtの設定に関係なく、インデックスへ登録します。

インデックス登録されないようにするには、robots.txtではなく、noindexを指定します。

カバレッジの問題の未修正部分について

カバレッジの問題を修正し、[修正を検証]ボタンをクリックした後も、引き続き問題が解決していないときに送信されるメールです。

再度、修正内容を確認してみてください。

サーチコンソールのエラーメールでSEO設定を見直そう

「カバレッジの問題」メールは、サイトマップやnoindex、robots.txtの設定ミスを知らせてくれるとても有益なものです。

正しく対処して、カバレッジの問題ゼロを目指しましょう。

Page Top