検索順位チェックツール おすすめ12選

こんにちは、SEO分析ツール「アナトミー」開発チームの江頭です。

SEO対策の効果を知るには、まず検索順位を調べることが大切です。でも毎日Google検索で順位を調べ続けるのは骨の折れる作業ですよね。

そこで、検索順位をチェックしてくれる無料・有料ツールをまとめました。ブログ、サービスサイト、コーポレートサイトなど、業種を問わず、GoogleやYahoo!の検索順位を調べることができます。ぜひ自分に合うツールを探してみてください。

目次

検索順位チェックツールの必要性

検索順位チェックツールは、各Webページの検索順位を効率的に確かめるために必要です。

そのページが、ねらったキーワードでどの位置にランク付けされているかを把握することで、他サイトとの比較やキーワード戦略の改善ができます。

検索順位チェックツールを使って定期的にランキングを追跡すれば、ページの順位変動にすぐに気づくことができ、低下したときには対応策を講じることができます。

対応策を講じた後の効果測定にも有効です。

検索順位チェックツールの種類

検索順位チェックツールには、いくつかの種類があります。

継続利用型とワンショット型

継続利用型は、キーワードやURLを登録でき、検索順位の変動も閲覧できるツールです。ワンショット型は、検索順位を調べる都度、キーワードやURLを入力する必要があるツールです。ウォッチするキーワードが少なければ、ワンショット型でも十分でしょう。

Webサービス型とインストール型

Webサービス型は、インストール不要ですぐに使えるメリットがあります。インストール型は、高度な機能を持ったものが多いですが、インストールしたPCでしか使えない点がデメリットです。

検索順位チェックツールで測定できる順位の違い

検索順位チェックツールによって、測定できる順位に違いがあります。何の順位を測定したいのかを明らかにしておきましょう。

対象検索エンジン

基本的にGoogleはどのチェックツールでも対応していますが、Bingはツールによって対応がまちまちです。海外ではGoogle以外の検索エンジンシェアが高い国もあるので、どの検索エンジンに対応しているかは重要です。

スマホ検索の順位

PCの検索順位とスマホの検索順位は同じではなく、順位に違いがあります。スマホ検索の比率が高いBtoCサイトなら、スマホ検索に対応したツールを使いましょう。

海外の検索順位

検索結果は地域や言語によっても異なります。たとえば、アメリカでのGoogle検索順位を調べる場合は、海外での順位チェックができることがツール要件になります。

無料から利用できる検索順位チェックツールおすすめ12選

おすすめの検索順位チェックツールを紹介します。

アナトミー

SEO分析ツール「アナトミー」

テクニカルSEOツール「アナトミーでは、GoogleサーチコンソールやGA4で取得する様々な指標を、1ページ内で確認できます。「ドメインレポート」では、サイト全体のサマリを確認できます。「週次ページレポート」では、タイトル・メタディスクリプション・hタグが表示される他、記事ごとの検索キーワード・順位・クリック数・表示回数・検索ボリュームなどを確認でき、迅速なSEO施策の実施をアシストします。

ドメインレポート

アナトミーの登録キーワード順位チェック

登録キーワードレポート

登録したキーワードの順位推移だけでなく、そのキーワードで評価されたページを自動的にピックアップし、ページの詳細情報も確認できます。順位チェックをしたいキーワードは追加することで増やすこともできます。

アナトミーのページレポート

ページレポート

ページレポートは週次で自動更新され、GA4と連携することで基本的なアクセス情報も確認することができます。ここまでの機能が全て無料で提供されているのでとても便利です。

Webサイトhttps://siteanatomy.com
種別Webサービス
検索エンジンGoogle
対象デバイスPC / スマートフォン
計測可能順位100位まで
料金無料~

GRC

GRC

15年以上の歴史がある、老舗の順位チェックツールです。GRCを起動すると、指定したキーワードでのGoogle・Yahoo・Bingの掲載順位を測定できます。また、検索順位の変動をグラフで表示したり、CSVでダウンロードできます。計測上限は、1日1回までです。

無料版では、3キーワードまでの検索順位チェックができます。

Webサイトhttps://seopro.jp/grc/
種別デスクトップアプリケーション
対応OSWindows
検索エンジンGoogle, Yahoo!, Bing
対象デバイスPC
計測可能順位100位まで
対応国日本
料金無料(3キーワードまで)
4,950円/年(5ドメイン・500キーワードまで)~

GRC有料版について

GRCは有料で、検索対象ドメイン数と検索キーワード数に応じたライセンス体系です。有料版は、ベーシックプラン(4,950円/年)からアルティメットプラン(24,750円/年)まで5つのプランが用意されています。ベーシックプランでも、5ドメイン・500キーワードまで順位をチェックできるので、SEO対策するページが100~200ページなら、ベーシックプランで十分でしょう。

GRCモバイル

GRCのモバイル版で、スマホでの検索順位がチェックできます。検索エンジンはGoogleのみの対応で、グラフ表示機能・CSVダウンロード機能など、GRCとほぼ同じ機能があります。GRCとGRCモバイルは別製品で、それぞれライセンスが必要です。

Webサイトhttps://seopro.jp/grcmob/
種別デスクトップアプリケーション
対応OSWindows
検索エンジンGoogle
対象デバイススマートフォン
計測可能順位100位まで
対応国日本
料金無料(3キーワードまで)
4,950円/年(500キーワードまで)~

GRC-W

GRCの海外対応版で、日本以外の国における検索順位の変動をチェックできるツールです。アメリカ、イギリス、ロシア、韓国など59か国、各国の主要な言語に対応しています。検索エンジンはGoogleのみの対応で、Yahoo!やBing、YANDEXには対応していません。GRC-Wは、PC・スマホの検索順位を両方チェックできます。

Webサイトhttps://seopro.jp/grcw/
種別デスクトップアプリケーション
対応OSWindows
検索エンジンGoogle
デバイスPC / スマートフォン
計測可能順位100位まで
対応国59か国
料金無料(3キーワードまで)
4,950円/年(500キーワードまで)~

Rank Tracker

Rank Tracker

検索キーワード数が無制限で使える検索順位チェックツールです。YandexやBaiduなど、海外での利用率が高い検索エンジンに対応している点が特徴です。また、MacやLinuxでも動作するので、動作環境を選びません。

Rank Tracker 無料版では、検索順位チェックを始めとしたほとんどの機能が使えます。ただし、順位計測時にCaptcha認証画面が表示され、検索キーワードや検索順位を保存することができません。Rank Tracker Professional/Enterprise版では、これらの制限はなく、タスクの自動実行機能やスプレッドシートへのエクスポート機能が使えます。

Webサイトhttps://www.seopowersuite.jp/rank-tracker/
種別デスクトップアプリケーション
対応OSWindows / Mac / Linux
検索エンジンGoogle / Yahoo! / Bing / Yandex / Baidu など
デバイスPC / スマートフォン
計測可能順位100位まで
対応国88か国
料金無料版:無料(機能制限あり)
プロフェッショナルプラン:$149/年
エンタープライズプラン:$349/年

SERPOSCOPE

SERPSCOPE

SERPOSCOPEは無料の検索順位チェックツールです。WindowsやMacにインストールして使用します。SERPOSCOPEの操作画面は日本語対応していませんが、検索順位は問題なく取得できます。検索エンジンはGoogleのみの対応で、PC・スマホの検索順位を両方チェックできます。ただし、検索エラーが発生することがあり、Captcha解決サービスを登録するなどの設定が必要です。

Webサイトhttps://serposcope.serphacker.com/
種別デスクトップアプリケーション
対応OSWindows, Mac, Linux
検索エンジンGoogle
デバイスPC / スマートフォン
計測可能順位100位まで
対応国239か国
料金無料

SEOチェキ

SEOチェキ!

指定したキーワードの順位を表示する、無料のWebサービスです。調査するキーワードが少なかったり、一日に何度も順位を調査したりするのに向いています。

URLhttps://seocheki.net/?m=rank
種別Webサービス
検索エンジンGoogle, Yahoo!
対象デバイスPC
計測可能順位100位まで(Yahooは10位まで)
対応国日本
料金無料

検索順位チェッカー

検索順位チェッカー

Bingも含めて指定したキーワードの順位をチェックできる、無料のWebサービスです。スマホの検索順位も同時にチェックできる、貴重なツールです。取得失敗になったときは、しばらく経ってから試すと取得できるようになります。

Webサイトhttp://checker.search-rank-check.com/
種別Webサービス
検索エンジンGoogle, Yahoo!, Bing
対象デバイスPC / スマートフォン
計測可能順位100位まで
対応国日本
料金無料

SERPROBOT

SERPROBOT

海外のWebサービスで、各国のGoogle検索順位をチェックできます。ほぼ全世界の国を網羅しています。ワンショットでの検索順位チェックは無料です。有料プランでは、自動順位チェック・グラフ表示などの機能が使えます。

Webサイトhttps://www.serprobot.com/
種別Webサービス
検索エンジンGoogle
対象デバイスPC
計測可能順位100位まで
対応国192か国
料金無料
$4.99/月(300キーワードまで)

ohotuku.jp

3つのキーワードを同時にチェックできる無料のWebサービスです。調査するキーワードが少なかったり、一日に何度も順位を調査したりするのに向いています。

Webサイトhttps://ohotuku.jp/rank_checker/
種別Webサービス
検索エンジンGoogle, Yahoo!
対象デバイスPC/スマートフォン
計測可能順位100位まで(Yahoo!は10位まで)
対応国日本
料金無料

Google検索順位チェッカー

自社と競合サイト100位までの検索順位、ドメインオーソリティ、ページオーソリティを無料でチェックできます。多くの国に対応しているので、海外での検索順位を知りたいときにも便利です。

Webサイトhttps://www.lynx-co.jp/google-serp-checker/
種別Webサービス
検索エンジンGoogle
対象デバイスPC/スマートフォン
計測可能順位100位まで
対応国258か国
料金無料

Nobilista

登録したキーワードの順位を一覧で確認できるツールです。各キーワードにグループ設定ができるので、カテゴリごと、投稿月ごとといった絞り込み検索が可能です。順位の推移をグラフで確認できたり、キーワードごとにメモができたり、便利な機能が備わっている上、見やすく使いやすいため、初心者にもおすすめです。

Webサイトhttps://co.nobilista.com/ja/
種別Webサービス
検索エンジンGoogle
対象デバイスPC/スマートフォン
計測可能順位100位まで
対応国7か国
料金990円/月〜 (7日間無料)

検索順位チェックツールの活用方法

ページのSEO施策を実施する場合、必ず何かしらのキーワードでの上位獲得を目標として設定しているはずです。

そして、そのSEO施策を実施してからの効果を測るためには中長期的な順位チェックが必要であるため、検索順位チェックツールを用いた定期的なページの確認は欠かせません。

一方、既にターゲットキーワードで上位獲得しているページにおいても、そのキーワードに対する現在の順位を日頃からモニタリングすることで、検索順位の低下が見られた場合にいち早く気付くことができ、SEO対策を立てることができます。

例えば検索順位が下がった原因は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

  • 他社の新たなページが誕生し、それが評価され、自社が下がった
  • 他社の既存ページの評価が上がり、自社が下がった
  • 検索順位アルゴリズムの変更によって自社含め大きな変動があり、下がった

これらのどのパターンかをSERPの状況などを確認して、次のSEO対策を立てましょう。

ただ、検索順位は上昇時も下降時も安定化するまでは一定期間かかる場合が多いので、日々一喜一憂せずに1週間単位で推移を見守ると良いでしょう。

検索順位チェックツールおすすめ12選のまとめ

以上、無料・有料の検索順位チェックツールを紹介しました。

同じキーワードで検索しても、ツールによって検索順位に差があることに注意しましょう。検索順位を継続的にチェックする場合は、できるだけ同じツールで行って、成果を確認することをおすすめします。

最後に弊社ではサーチコンソールとGA4データを1つにまとめて分析ができる「SEO分析ツール アナトミー」 を提供しております。運用しているサイトのSEOチェックを行うのに必要な機能が揃ったダッシュボードプランは全て無料でずっとご利用いただけます。是非、アナトミーに無料登録してサイトのSEOチェックをしてみてください。

[related id=78 label=SEOキーワードの選定方法]

[related id=54 label=SEOの基本を学ぶ]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次